2024年、誕生。
日本GLPのデータセンター

Born in 2024 GLP Data Center

私たちGLPだから出来る、
理想のデータセンタープラットフォームを
カタチに。

物流不動産で培った
強力なソーシング力と開発力、
ビジネスビルダーとしての特徴を武器に、
データセンターを面でデザインしていきます。

より持続可能で、より安全に、より効果的に。
今までの常識にとらわれず、
“新しい流れ”を創造し、お届けします。

日本の東西に
国内最大級のデータセンターを

2024年より順次、日本の東西に、最大600メガワットクラスの
キャンパス型データセンターが誕生します。
より事業の成長を支援したり、ビジネスニーズに応えられるよう
今後も順次拡大予定です。

  • IT Capacity

    600MW+

  • Style

    Multiple DC Campus

  • Location

    Tokyo & Osaka

GLPが目指す
データセンタープラットフォーム

点だけではなく、面でデザインされたキャンパス型データセンターを核に、
利用者の課題を根本から解決します。

Point 01

キャンパス型データセンターの実現

データセンター探しを不要に

需要規模に応じて、タイムリーに同一敷地内で拡張が可能です。拡張ごとに土地探索を行う必要や受電確保が不要となり、ネットワークもシンプルになります。

将来の老朽化対策を簡単に

同一敷地内で順番に建て替え工事を繰り返すことが可能です。データセンターを一箇所にまとめることでサーバー移設が必要な場合も容易となります。

Point 02

広域分散で「止まらない」を実現

ユーザー密集地への通信レイテンシーを意識したロケーションにて、キャンパス型データセンターを提供。
東西に拠点があることで、システムの物理的な分散と電力を供給する事業者を分散することも可能です。

また同じ都市圏でも、異なるエリアにキャンパスを分散して設置することで、災害有事も考慮した広域リスク分散が可能となります。

グローバルネットワーク

グローバルな開発・運用の経験による最新のノウハウと独自のネットワークで、
最先端のデータセンタープラットフォームを提供します。

GLPでは日本のみならず、グローバルでデータセンター事業に取り組んでいます。
アジアでは、中国においてすでに国内最大級のデータセンターサービスプロバイダーとなっており、
北米・南米・欧州においても今後事業を拡大していく予定です。
大規模なデータセンターの企画・開発から運用まで、
ライフサイクル全般の経験を持つ専門チームを各国で構築しており、
グローバルでの開発知見と最新のノウハウを活かし、
ユーザーの皆さまのビジネスを力強くサポートします。

データセンターに関する
お問い合わせ

PAGE TOP

Contact

施設や入居についてのご相談、日本GLPへの用地のご紹介に関するお問い合わせなどを以下のフォームよりお受けしております。